編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

明治安田生命、デジタル変革を見据えてプライベートクラウド環境を構築

NO BUDGET

2019-01-24 17:40

 明治安田生命は、日本IBMとの基幹業務システムのITインフラ運用に関する戦略的アウトソーシング契約を更改した。新たに2019年7月から2027年6月までの8年間の契約を締結している。日本IBMが1月17日に発表した。

 ITインフラには、メインフレームの「IBM Z」を利用する。また、デジタル変革への対応に向けてIT資源を柔軟に利用できるように、プライベートクラウド環境を構築する。運用面では、コグニティブ技術を活用した自動化機能を段階的に実装し、作業品質の高度化と効率化を図っていく。

 運用体制については、オフショアおよびニアショアに配置する共有化センターからのリモート運用環境を構築し、作業要件ごとに最適な要員を無駄なく活用できる環境を整えていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]