編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Microsoft Build 2019、2018年と同じくシアトルで開催--5月6~8日の日程で

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-02-07 10:52

 Microsoftは、開発者向け年次カンファレンスMicrosoft Buildの日程を発表した。Build 2019は、今回もまたワシントン州シアトルで、米国時間5月6〜8日に開催される。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 2018年と同じく、シアトル中心部のWashington State Convention Centerで開催される。参加登録の受け付けは2月27日から始まる。

 やはり2018年と同じく、5月7〜9日に予定されているGoogleの開発者向けカンファレンスGoogle I/Oと開催日が一部重なっている。

 Buildは、Microsoftの開発者向け一大イベントだ。まだセッションリストは公開されていないが、Microsoftはたいてい、もう少し開幕が近づいてからセッションリストを発表する(BuildサイトのFAQによると、スケジュールは2019年2月下旬に公表されるという)。

 MicrosoftはBuild 2019で、開発者に直接関係する人工知能(AI)や「Microsoft Azure」「Microsoft 365」の現況について話をすると見られる。筆者としては、「Universal Windows Platform」でWin32アプリケーションが実行できるようにする件について、Microsoftがこのイベントでどの程度語るのかに興味がそそられる。また、「Windows 10」ベースのデバイスの核となる「Windows Core Operating System」(WCOS)の現状について、MicrosoftはBuild 2019で(何らかの発表があるとすれば)どの程度明らかにするのだろうか。おそらく、「ChromeOS」の競合製品となるWindows 10「Lite」についても話があるだろう(少なくともそう願うことはできる)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]