編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東京大学情報基盤センター、大規模超並列スーパーコンピュータシステムを構築

NO BUDGET

2019-02-21 13:08

 東京大学情報基盤センターは、大規模超並列スーパーコンピュータシステム「Oakbridge-CX」を7月の稼働開始を目指し構築する。構築業務を受注した富士通が発表した。

 同システムは、「Intel Xeon スケーラブル・プロセッサーを採用したPCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY(PRIMERGY)」の次期モデルを1368台のクラスタ構成で接続することで、総理論演算性能6.6ペタフロップスを実現させる。1ペタフロップスは、毎秒1000兆回の浮動小数点演算ができることを表す。

システム構成図
システム構成図

 同システムは、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する「Society 5.0」実現に向けたデータ利活用基盤の実証実験にも利用される予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]