編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

クラウドへのファイルアップロードを強化--「Office 365」更新動向【1902版】

阿久津良和

2019-03-12 07:15

OneDrive/OneDrive for Businessに容易にアップロード

 Microsoftが米国時間3月4日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン1902(ビルド11328.20146)へ更新したWindowsデスクトップ版は既定でMicrosoft Teamsが展開されるようになった。

 ご承知のとおり同社は業務用コミュニケーションツールの役割を、Skype for BusinessからMicrosoft Teamsに担わせ、ビデオ通話などの機能を内包する。この変更は月次チャネルに限られ、半期チャネル(対象指定)は3月12日以降、半期チャネルは7月9日以降に適用されるという。

 まず、Word、Excel、PowerPointには、OneDriveとOneDrive for Business(SharePoint)への自動保存をうながす機能が加わった。もちろん以前から両者に保存する機能を備えていたが、バージョン1902では、「自動保存」のトグルをオンに切り替えると、いずれかのオンラインストレージを選択し、ファイル名を付けてアップロードが自動的に行われる。

 正しくは各クライアントがアップロードする仕組みだが、OneDriveもしくはOneDrive for Businessフォルダを開いてファイルを作成してから編集するのではなく、既存の編集ファイルを直接アップロードできるのは、シームレスな作業という観点では有益だ。なお、アップロードしたファイルはOneDriveもしくはOneDrive for Businessのルートフォルダに保存される。

「自動保存」をオンに切り替えると、OneDrive for BusinessもしくはOneDriveを選択。その後ファイル名を指定すると、各クライアントによるアップロードが始まる
「自動保存」をオンに切り替えると、OneDrive for BusinessもしくはOneDriveを選択。その後ファイル名を指定すると、各クライアントによるアップロードが始まる

 Excelのコメント機能には「@」を用いたメンション機能が加わり、アイデア機能からプレビューが外れて正式版となった。もっとも機能的な変更は見つからず、日本語によるデータが不得手なことに変わりはない。提案内容も「ランク」「トレンド」「異常値」「多数派」のままだ。なお、フィルタ適用済みSVGファイルの挿入を新たにサポートしている。

GA(一般提供版)となったアイデア機能
GA(一般提供版)となったアイデア機能

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]