編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インテージ、消費財メーカー向けマーケ基盤「iTree」を提供--データ活用と意思決定を支援

大場みのり (編集部)

2019-03-15 10:47

 インテージは、消費財メーカーのデータ活用と意思決定を支援するマーケティング基盤「iTree」を4月1日から正式に提供すると発表した。2018年9月からベータ版を提供していた。

 iTreeには、マーケティング課題の検証ポイントや、検証に必要なデータがあらかじめ設定、搭載されているという。データの種類は、インテージが提供するSRI(全国小売店パネル調査)、SCI(全国消費者パネル調査)、SPI(全国店頭プロモーション調査)のデータや、SCIモニターに聴取した価値観やライフスタイルのデータ「SCI Profiler」など。

 これらのデータを用いて、配荷や売り上げ、店頭プロモーション、ユーザーなどを自動で分析し、ダッシュボード上に表示する。また、ウェブアンケートの調査データも取り込めるため、使用満足度や購入意向といった意識面における指標も確認できるという。

工程イメージ(出典:インテージ)
工程イメージ(出典:インテージ)

 インテージは「近年、消費行動のさまざまな側面がデータとして活用できるようになった一方で、データ分析のスキルを持つ人材の不足が叫ばれている」と指摘する。iTreeを用いることで、これまでデータ分析に時間や人手を割くことが難しかった企業でも、データに基づいて施策の見直しや投資継続の判断などの意思決定を行うことが可能になると語る。また、分析にかかっていた時間や人手を施策プランや商品開発、分析の深掘りに使えるようになると期待されている。

 同プラットフォームは既に、複数の消費財メーカーで導入が内定しているという。

iTreeの特徴と画面イメージ(出典:インテージ)
iTreeの特徴と画面イメージ(出典:インテージ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]