編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スカイディスク、福島LIXIL製作所と実証実験--設備の異常を故障前に検知

大場みのり (編集部)

2019-03-19 15:28

 スカイディスクは3月19日、福島LIXIL製作所と共同で「スマート聴診棒 振動版」の実証実験を2018年12月7日から2カ月間にわたって実施したと発表した。これは、振動センサ、AI(人工知能)分析、スマートフォンアプリを用いて、機械の異常や経年劣化を診断するもの。

 福島LIXIL製作所は、ドアや収納などの内装建材を製造する企業。これまで設備が故障すると、製造ラインの復旧に時間がかかり、目標生産量が達成できないという問題があった。生産技術の現場担当者は、故障を予知して事前に整備することの必要性を感じていたという。

 特に整備を希望したのは「高速ミーリング機」「モルダ」と呼ばれる2種類の製造設備。両設備とも定期的なメンテナンスはしており、壊れる前に振動や音の変化があることは分かっていたが、予兆を検知できるのは熟練した技術者に限られていた。そこで同社は「スマート聴診棒 振動版」の利用に踏み切ったと話す。

(出典:スカイディスク)
(出典:スカイディスク)
対象機器のデータ取得風景(出典:スカイディスク)
対象機器のデータ取得風景(出典:スカイディスク)

 スカイディスクは、ミーリングのモータ2台、モルダのモータ3台の振動データを取得し、AI学習モデルを作成。異常スコアと境目となる値を設定した。AIによる判定の精度を高めるため、判定結果を知らせるアプリと振動センサを用いて一日一回データを取得した上で診断を開始。また、熟練技術者がAIの誤診を指摘することで、精度を彼らのレベルに近づけようと試みた。

 同社によると、福島LIXIL製作所は、アプリの使いやすさや画面の見やすさを評価し、現在は導入に向けて前向きに検討しているという。スカイディスクは、診断の精度を高めるため、測定箇所を見直し、サンプル数の増加に向けて実証実験の期間を延長すると述べる。また、スマートフォン上だけでなく、生産技術の現場担当者がPCから診断結果を確認できる機能を追加すると語っている。

取得データの可視化画面イメージ(出典:スカイディスク)
取得データの可視化画面イメージ(出典:スカイディスク)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]