編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

LINE、通信量急増でジュニパーの5Gユニバーサル ルーティング基盤を採用

NO BUDGET

2019-04-01 11:34

 LINEは、サービスの成長に伴うトラフィックの急増に対応するため、2013年からジュニパーネットワークスの「MX960」を利用している。ジュニパーネットワークスが3月28日に発表した。

 LINEでは2011年のサービス開始以来、同社のインターネットトラフィックは毎年急激に増加しており、特に2013~2014年には前年比約350%超というトラフィックの伸びを記録した。同社は、2013年にジュニパーネットワークスの5Gユニバーサル ルーティング プラットフォーム「MX960」を採用し、サービス基盤として過去6年で30倍に増大したトラフィックを支え続けている。

LINEのネットワークイメージ図
LINEのネットワークイメージ図

 同社は現在、東京拠点、海外拠点でそれぞれ2台の「MX960」を運用し、2018年には、新たに開設した大阪拠点でさらに2台の「MX960」を新規導入している。オペレーティングシステム「Junos OS」と「Junos Trio」チップセットを活用し、幅広い自動化ツールとテレメトリ機能により、複雑なネットワークの管理と運用を簡素化しているという。

 今後、ネットワークを安定的に稼働し続けるため、ジュニパーネットワークスの製品を活用した運用の自動化を検討している。また、人工知能やFinTechをはじめとした新たな領域でのサービス開発も進めており、新たにネットワークPOPを構築する際のエッジルータとして「MXシリーズ」を最有力候補に考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]