編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、会話の文字起こしやバーチャルマイクロフォンアレイを推進

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-05-13 10:41

 Microsoftは米国時間5月6~8日に開催した「Build 2019」で、スマートミーティングに関する最新の興味深いデモを実施した。同社は「Azure Speech Service」の一部である新たな「Conversation Transcription」機能をアピールした。現在プレビュー段階となっているこの新機能を使うことで、複数のユーザーによる会話の文字起こしをリアルタイムで、しかも会話が交錯している場合であっても自動的に話者の特徴を認識して行えるようになる。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 また今回のBuildで実施されたデモのなかで、あまりにもあっさり紹介されたために多くの人が気にも留めなかったことがあった。それは、Azure Speech Serviceが同社のマイクロフォンアレイの参照ハードウェア(「Build 2018」で紹介されたような製品)上だけではなく、クラウドを活用したバーチャルマイクロフォンアレイでも利用できるという点だ。

 このサービスをバーチャル/クラウドで実現するという機能は現在のところ、Microsoft Researchにおけるプロジェクト(コード名:「Project Denmark」)の段階でしかない。Project Denmarkの目的は、ユーザーが専用のマイクロフォンアレイを用意せずとも、普通のマイクを搭載した携帯電話やノートPCといったコンシューマー機器を用いて「バーチャルな」マイクロフォンアレイを実現できるようにすることだ。これはMicrosoftが推進しているアンビエントコンピューティング戦略に合致している。

 Project Denmarkのリサーチャーらは、「発話情報をさまざまなかたちで組み合わせるアルゴリズムによって、接話型マイクによるアプローチに匹敵する精度の文字起こしが可能になる」と述べた。Microsoft ResearchのウェブサイトにはProject Denmarkのプロジェクトページが追加されており(教えてくれたWalkingCatに感謝したい)、Project Denmarkに関するテクニカルレポートも公開されている。

 2019年のBuildでの発表に関する同社ブログには「Project Denmarkによって、Azure Speech Serviceを使用し、いつでも、どこでも、そして専用のマイクロフォンアレイデバイス開発者キット(DDK)を使用するかしないかにかかわらず、会話の容易な文字起こしを支援できる可能性が生み出される。このため、将来的には幅広い応用が期待できる。例えば、携帯電話と『Microsoft Translator』アプリケーションを複数用意すれば、多くの人々のコミュニケーションをより効率的にして、言語の壁を乗り越えられるようになるだろう」と記されている。

 同社は先週、Build 2018で披露したサーキュラー形式のマイクロフォンアレイ(詳細は明らかにされなかった)を、DDKの形式によって社外での製品化を可能にすると発表した(コード名:「Princeton Tower」)。音声のみのマイクロフォンアレイDDKは、およそ100ドルでhttp://ddk.roobo.comから購入できる。音声と画像を処理できる先進的なマイクロフォンアレイDDKは、Microsoftのシステムインテグレーションパートナーを通じて入手可能だ。

 「Speech Devices SDK」は、カスタム型のバーチャルアシスタントや会話のテキスト起こし、スマートスピーカーを開発する人々のための製品だ(ちなみに「Azure Kinect DK」も会話の文字起こしを取り扱えることは述べておく価値があるだろう)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]