編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ルノーの「協調イノベーションラボ」、ダッソー・システムズの基盤を採用

NO BUDGET

2019-06-13 06:00

 ルノー・グループ内の協調イノベーションラボ(LCI)は、ダッソー・システムズの「3DEXPERIENCE プラットフォーム」を採用した。ダッソー・システムズが発表した。

 「3DEXPERIENCE プラットフォーム」は、製品のプロトタイプに関わる電気設計者やエンジニア、制御システム担当者、コストアナリスト、マーケティング、外部パートナーやサプライヤーを含むその他のチームメンバーを、仮想のバリューネットワークとしてつなげる。

 LCIでは、同プラットフォームを電気自動車のプロトタイプである「Renault EZ-FLEX」の開発に活用する。「3DEXPERIENCE プラットフォーム」を利用することで、設計やエンジニアリングといった各プロセスをリアルタイムで進行させることができる。チームメンバーは、仮想現実、さまざまな知見、車両のデジタルツインなど、ネットワークを介した3Dのデジタル資産の有効活用が可能となり、最終製品の外観や技術要件の確認、検証、マーケットの傾向分析などを実施、併せて全体のプロジェクト管理も円滑に進めることができる。

利用画面
利用画面

 LCIでは、「3DEXPERIENCE プラットフォーム」のカスタマイズを全く施さないクラウド版を使用することで、ダッシュボード管理、効果的なリアリスティック・レンダリング・イメージ、都市配送のウェブ上のモニタリング、ヘッドセット端末を使ったVRなどを、データ転送やデータ処理をすることなく利用できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]