編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Windows 10のプレビュービルドで「WSL 2」が利用可能に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-06-14 10:56

 MicrosoftはWindows 10 20H1ブランチの「Windows Insider Preview Build 18917」をWindows Insiderプログラムのファーストリング向けに公開した。このビルドには、話題の「Windows Subsystem for Linux 2」(WSL 2)が含まれている。

 WSL 2は5月に開催されたMicrosoft主催の開発者向けカンファレンス「Build」で発表された。WSL 2には、Linuxバージョン4.19をベースとしたMicrosoft製Linuxカーネルが使用されている。

 このカスタムLinuxカーネルでは、ブート時間が短縮され、メモリの利用効率が向上しているほか、ファイルシステムの入出力性能、Linuxの互換性が改善されており、Dockerコンテナをネイティブに実行する機能も備えている。また、「ファイルエクスプローラー」などのWindowsアプリから、Linux側のルートファイルシステムにアクセスできるようになった。

 Microsoftは、WSL 2を試してみたいユーザーのために、導入の手順やヒントを説明するブログ記事を公開している

 Windows 10 20H1は2020年の春にリリースされる予定になっている。それに先だって公開される予定の機能アップデートである19H2ブランチには、まだプレビュー版がリリースされていない。

 今回のビルドでは、Windows 10のアクセシビリティ機能である「ナレーター」も改善され、スプレッドシートのテーブルの読み方が変更された。

 新しいナレーターでは、ヘッダーのデータが先に読み上げられ、その後にセルのデータ、続いてそのセルの行と列の位置が読み上げられるようになった。ヘッダーが変更された際にも、ヘッダーの情報が読み上げられる。

 また、Microsoftは公式にアップデートのダウンロード速度を「Mbps」単位の絶対値で選択できる新しいオプションの存在を発表した。

 この機能は、1週間前にリリースされた20H1のプレビュービルドにはすでに、公式な発表がないまま追加されていた。この機能は、低速のネットワーク接続を利用している顧客のためのものだ。これまで、ダウンロード速度の上限は、利用できる帯域の割合でしか指定できなかった。この機能は、[設定] > [更新とセキュリティ] > [詳細オプション] > [配信の最適化] > [詳細オプション] から利用できる。

 Microsotはまた、「Windows Inkワークスペース」の使い勝手も改善している。新しいWindows Inkワークスペースでは、表示サイズが小さくなった一方で、ホワイトボードのコンポーネントは「Microsoft Whiteboard」アプリにまとめられた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]