編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

世界IaaSパブリッククラウド市場は31%成長、AWSがシェア約5割--ガートナー

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-07-30 12:01

 IaaSへの需要は伸び続けているが、IaaS市場は大手プロバイダーが多くのシェアを握っているため、将来的に競争原理が働かなくなるおそれもあるという。

 Gartnerの調査によると、IaaS市場は2018年に31.3%成長し、その規模は前年の247億ドル(約2兆6870億円)から324億ドル(約3兆5240億円)へと大きく伸びたという。

Gartner

 同社は、Amazon Web Services(AWS)がIaaS市場で首位の座を維持し、その後にMicrosoftやAlibaba、Google、IBMが続いていると述べている。

 AWSのIaaS市場におけるシェアは47.8%と市場全体の半分近くを占めており、売上高は2018年を通じて155億ドル(約1兆6860億円)だったと推定されている。

 Microsoftの市場シェアは2017年の12.7%から2018年の15.5%に増加し、売上高は50億ドル(約5400億円)を超えた。Alibabaも地元の顧客ベースと、同社が支配的地位を維持している中国市場によってシェアを伸ばしている。Alibabaの市場シェアは7.7%であり、その後にはGoogleが4.0%、IBMが1.8%で続いている。

 これらの主要なIaaSプロバイダー以外のベンダーは現在、全体的なIaaS市場のおよそ23.2%を占めている。2017年には世界のIaaS市場シェアの27.4%を占めていたことから、顧客が定評のある大規模なプラットフォームに移行している可能性を示しているかもしれない。

 Gartnerによると、主要なIaaSプロバイダーとそれらによるIaaSソリューションへの持続的な投資が、大手IaaS企業らの優位性を強固なものにしている。それらの企業は2017~2018年の1年間で39%成長した。その他のプロバイダーの成長率は11%だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]