中小企業基盤整備機構、いつでも起業や経営を相談できる AIチャットボットを開始

NO BUDGET

2019-08-06 09:55

 中小企業基盤整備機構は、「IBM Watson」を活用して起業や経営の具体的な相談へ的確に回答する人工知能(AI)を使ったチャットボット「E-SODAN(イーソーダン)」の運用を開始した。開発を支援した日本IBMが発表した。

 E-SODANは、中小企業の経営者などを対象に幅広い経営相談に対応する。同機構がこれまで実施してきた経営に関する相談や支援に基いて作成したFAQ、各種マニュアル、テキスト、ウェブサイト情報などをWatsonに学習させ、営業や販売、マーケティングに関する質問に、詳細な情報や対応案を提示する。また、チャットボットで適切に回答できない内容は、専門家とのチャットサービスを付加し、さらに、対面での相談に引き継いで対応する仕組みも備えている。

 同機構ではE-SODANの開発により、可視化された知識や知見は、経営相談や企業支援に対応する支援人材へ新たな気づきを促すとともに、後進者の育成にも役立ち、AIと人間の両方の成長に貢献しているとしている。近年、同機構では、起業者・経営者支援の質と量をさらに向上していくため、いつでも気軽に相談できるよう、AIの活用を推進してきた。2018年3月には、起業に関する相談に応答するAIチャットボット「起業ライダーマモル」を開設し、現在は利用登録者数が1万2000人を超えている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]