編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ワコール、AIチャットボットを構築--新たな接客サービスに活用

NO BUDGET

2019-04-22 09:43

 ワコールは、デジタル技術を活用した新たな接客サービス「3D smart&try」を開始するのに合わせ、AIチャットボット「接客AI」を構築した。基盤技術を提供する日本IBMが4月18日に発表した。

 チャットボットは、IBM Cloudで提供する照会応答機能「Watson Assistant」を使い、インナーウェアの商品情報や接客ノウハウを学習して自然な対話を行う。顧客のサイズや体型、好みに合った商品を提案する。

 顧客の悩みや要望と商品の素材や形状といった要素、さらにワコールが独自に培った接客ノウハウを学習しており、店内のタブレットで顧客の悩みや好みのデザイン、シルエットを選択し、ワコール独自の3Dボディスキャナーから得られた計測データと併せて、おすすめの下着を提案する。

 日本IBMは「接客AI」構築に当たり、コンサルティングサービスを提供するとともに構築支援を実施している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]