編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、脆弱性対策に貢献したセキュリティ研究者75人を選出

ZDNet Japan Staff

2019-08-08 11:54

 Microsoftは8月7日、米国ラスベガスで開催中の「Black Hat USA 2019」カンファレンスで、この1年間に脆弱性対策で多くの貢献をしたという75人のセキュリティ研究者を「Most Valuable Security Researchers」として選出した。

2019年の「Most Valuable Security Researchers」(出典:Microsoft) 2019年の「Most Valuable Security Researchers」(出典:Microsoft)
※クリックすると拡大画像が見られます

 選考は、2018年7月1日から2019年6月30日までの脆弱性報告を対象に、研究内容の「貢献度」と報告された脆弱性の「影響度」の2つを基準として、研究者にポイントを付与し、獲得ポイントの多い上位者を選出している。

 「貢献度」では、期間中に最低5つの有効な脆弱性を報告し、報告内容の50%が有効だったものをベースとしてポイントを付与。「影響度」では期間中に最低3つの有効な脆弱性を報告し、報告内容の60%が有効だったものをベースとしてポイントを付与した。

 また、併せてセキュリティソフトウェアベンダーらと連携する「Microsoft Active Protections Program(MAPP)」では、トレンドマイクロ傘下のZero Day Initiativeを最優秀パートナーに選出した。脆弱性の総報告件数が多い上位11社、脅威指標の提供に貢献した上位10社、攻撃に悪用された脆弱性を多数報告した上位5社もそれぞれ選出している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]