編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NECが新卒社員に年収1000万円も--競争力確保と報酬の関係

2019-08-13 07:00

 NECが先日、新卒入社の社員でも、優れた実績があれば年収1000万円を超えるようにできる制度を10月に導入すると発表した。特に人工知能(AI)などの先端的な技術領域で、先進的な人材を確保するのが狙いという。報酬体系も、グローバルに近づける考えだ。

 外資系向け人材派遣業である英Haysの年次調査「2019年ヘイズ給与ガイド」によると、この1年の日本の給与の昇給率はアジア5カ国でも最低レベル。中でもITは国境を越えたスキル人材の争奪戦が繰り広げられており、データサイエンティスト、人工知能(AI)などの分野で中国、香港、シンガポールより年収が低いという結果になっている。

 AIによるイノベーションは、技術力を基礎にしたアイデアの有無が勝負を分けるため、結果を出せる者と出せない者の差が非常に大きくなる傾向にある。

 素地を持つ者が給与面で満足し、仕事に集中できる環境を整えることは非常に重要と考えられる。

 IT人材の給与について、記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]