サポーターズ、Salesforce向け帳票作成ツールで作成時間を600分の1に短縮

NO BUDGET

2019-08-14 10:34

 サポーターズは、ウイングアーク1stの「SVF Cloud for Salesforce」を導入し、見積書や申込書、請求書の帳票作成時間を600分の1に短縮するなど効率化を図った。ウイングアーク1stが発表した。

 サポーターズは、新卒および中途の採用支援事業を中核に、企業の採用イベントを掲載するメディア事業や、スカウトサービス、イベントの企画・運営を展開している。同社では、2018年3月に営業支援/CRM(顧客関係管理)ツールであるSalesforceを導入し、同サービスに入力したデータを基に見積書や申込書、請求書を出力することを目指していた。しかし、帳票類は個々の担当者が手作業で作成していたため、フォーマットがバラバラで、受注後の請求管理などの負荷が高くなっていた。

 「SVF Cloud for Salesforce」を導入することで、現場担当者が個々にExcelで作っていた見積書や申込書、請求書などの帳票類を1クリックで出力できるようになり、これまで10分かかっていた作業が1秒になったという。また見積書の作成時間短縮だけでなく、作成者がチェックして、さらに上長がチェックするという確認も不要になった。さらに帳票の設計も、Excelで作成していたものを「SVF Cloud for Salesforce」に取り込み簡単に再現できている。

 同社では、現場担当者が帳票類作成・出力作業の効率化というメリットを享受できるようになったことで、Salesforce への入力が定着したとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]