編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本航空電子工業、インターネットEDI移行で伝送時間を半分に短縮

NO BUDGET

2019-10-03 12:18

 日本航空電子工業は、NTT東日本・西日本による固定電話のIP網化の対応策としてインターネットEDI(電子データ交換)への移行を実施した。企業間のデータ連携に利用するB2Bサーバーにはデータ・アプリケーション(DAL)の「ACMS B2B バージョン5」を採用した。

 日本航空電子工業は、コネクター事業をはじめ、インターフェースソリューション事業、航機事業をグローバル展開している。

 これまで同社のEDIは、DALのB2Bサーバ―「ACMS B2B バージョン4」を使いISDN回線で行ってきた。しかし、過去にダイヤルアップルーターに障害が発生した際に、その代替機を市場で調達できないという事態となり、ISDN回線を使い続けていくことのリスクを認識した。また2024年1月には固定電話がIP網へ移行されることもあり、インターネットEDIへ早期に移行することを決断した。

 同社では、従来のISDNを使ったEDIでは、遅延を防ぐため一定のデータ単位で一日に何度も伝送を行っていたが、インターネットEDIへ移行後、一斉伝送が可能となり、伝送時間は2分の1以下に短縮された。

 ACMS B2B バージョン5は、2ノード構成による分散配置が可能で、重要な業務データや管理情報はローカルネットワーク内に、通信機能をDMZ(非武装地帯)に配置することで、インターネットの脅威に備えることができる。

システム構成図
システム構成図(出典:DAL)

 また、今回採用された通信プロトコルは、暗号や認証の技術を使ってリモートコンピューターと通信するSSH(Secure Shell)の仕組みで通信するプロトコル「SFTP」を活用している。ACMS B2Bは、今後の取引先の要望にあわせ通信プロトコルを追加することができる点も導入のポイントになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]