編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

KDDIとシスコ、クラウド電話サービスを提供開始

NO BUDGET

2019-10-09 17:45

 KDDIとシスコシステムズ(シスコ)は、外出先やテレワーク先においてスマートフォンやパソコンなどから固定電話番号 (0ABJ番号)の発着信が可能となるクラウド型の電話システム「Cisco Webex Calling」を発表した。KDDIが10月31日から法人向けに提供する。

 Cisco Webex Callingは、シスコが提供するクラウド型の構内交換機(PBX)機能を持つ製品。KDDIの既存の固定電話ベースの音声コミュニケーション基盤と連携して提供することで、ユーザーはオフィスへの固定電話回線の引き込みや宅内機器の設置が不要となり、電話設備の運用管理やコストといった負担が軽減される。

サービスイメージ(出典:KDDI・シスコ)
サービスイメージ(出典:KDDI・シスコ)

 固定電話番号での外線通話、内線通話(PBX機能)をマルチデバイス、BYOD(私用端末の業務利用)で利用できるため、場所にとらわれずにオフィスと同じように業務を継続できる。番号ポータビリティにも対応し、専用のポータルサイトからユーザー自身で転送や自動アナウンスなどの設定を即時に反映させることが可能だ。

 また、電話設備のクラウド化により定期的な設備のバージョンアップが不要となり、BCP(事業継続計画)対策としても利用できる。運用保守の窓口をKDDIに一元化しており、これまでバラバラに注文・管理されていた面倒な音声設備環境をクラウドライセンスからデバイスまでKDDIがワンストップで提供する。

 さらにCisco Webex基盤においてビデオ会議機能(Cisco Webex Teams、Cisco Webex Meetings)との併用により、ビデオ会議やファイル共有、電話、ビジネスチャット、Office 365やG Suiteなどとの連携までOne-IDで自由に選択できる。

 税別の月額料金は、ベーシックライセンス料(クラウド電話機能:固定電話機、モバイル、パソコン)が1200円、エンタープライズライセンス料(クラウド電話機能: 固定電話機、モバイル、パソコン+Cisco Webex Teams)が2000円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]