BI活用に向けてデータプレパレーションを実施せよ - (page 2)

松岡功

2019-10-31 07:00

データプレパレーションがなぜ重要なのか

 以上が両社による発表の内容だが、筆者が今回このソリューションを取り上げたのは、「データプレパレーション」という言葉に注目したからだ。

 データプレパレーションは、すなわち「データの準備」。分析に必要とされるさまざまなデータを収集、整備し、迅速に分析を始められるように準備することである。

 筆者はかつてBIのエキスパートから、「データ分析のためには良質なベースとなるデータが必要であり、BIツールの性能がいくら向上しても、分析の事前準備として、データの収集、結合、変換、整形、補完などの工程が不可欠だ」との話を聞き、データプレパレーションの重要性を強く感じた。

 そのエキスパートは、さらに次のように説明してくれた。

 「データ分析においてはデータの準備が80%を占めるとも言われる。ただし、データ分析の前段階作業に時間を取られてしまい、本来行うべきデータ分析に時間をかけることができないという状況になりがちだ。これがデータ分析の阻害要因にならないように、データ準備の生産性向上は喫緊の課題として認識され始めている」

 そして、「データプレパレーションはそうした領域をカバーする新しい取り組みとして重要性を増している。今後、データプレパレーションを支援するソリューションビジネスも盛んになってくるだろう。企業はまず、BIの活用にはデータプレパレーションが重要であることを認識すべきだ」と訴えていた。

 その意味では、今回のソリューションはまさしくデータプレパレーションに焦点を当てたものである。

 ということで、今回は「BI活用に向けてデータプレパレーションを実施せよ」と訴求しておきたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]