編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Alibaba Cloud、MongoDBアズ・ア・サービスを中国で提供へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-10-31 14:14

 MongoDBは米国時間10月30日、Alibaba Cloudとの提携を発表した。提携の下、Alibaba Cloud はデータベース「MongoDB」を「アズ・ア・サービス」として中国で提供する。

 これによりMongoDBは中国での普及を目指し、Alibaba Groupはこのよく知られたデータベースを利用して新たなサービスを提供する。Alibaba Cloudはバグ修正やサポートのエスカレーションなど、現行バージョンおよび今後リリースされるバージョンのMongoDBを利用する顧客の管理やサポートも担当する。

 データベースは競争の激しい市場となり、クラウドコンピューティングにより、さまざまな配信モデルが変化しつつある。たとえば、Amazon Web Services(AWS)は、エンタープライズのワークロードをめぐってOracleとの競争が激化する中で、一連の目的別データベースをリリースしてきた。その中には、MongoDBと競合するものもいくつかある。

 MongoDBの最高経営責任者(CEO)であるDev Ittycheria氏から見れば、Alibaba Cloudは新しい市場を開いてくれる可能性がある。同氏は声明で、この4年間にMongoDBがダウンロードされたのは、ほとんどが中国からだったと述べている。MongoDBはすでに、上位3社のクラウドプロバイダーで利用できる。

 Alibaba Cloudは、Aggregation Pipelineの型変換、ストリームを変換する機能拡張、データ移行の高速化といったMongoDBの機能をサポートするという。

 MongoDBは、単なるドキュメントデータベースを脱し、データプラットフォームに進出する方向へと動いてきた。

 William BlairのアナリストであるJason Ader氏は調査メモの中で、時が経つにつれてリレーショナルデータベースと非リレーショナルデータベース(NoSQL)の区別がなくなり、データベースが特定のアプリケーションに結びつくとMongoDBは考えていると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]