編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ニューオーリンズ市にランサムウェア攻撃、システムを遮断して緊急対応

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-12-16 10:28

 米ルイジアナ州ニューオーリンズ市が、サイバー攻撃への対処に追われている。ニューオーリンズ市職員は米国時間12月13日の記者会見で、このサイバー攻撃はランサムウェアに感染させるものであることが確認されたと述べた。

ニューオーリンズ
提供:mana5280

 市の広報担当者は米ZDNetに対し、攻撃が発見されたのは現地時間13日午前11時頃だったと電話で伝えた。

 ニューオーリンズ市長の広報担当者は次のように述べた。「念には念を入れ、全職員に向けた緊急の通達で、コンピューターの電源を切り、機器の電源プラグを抜いて、市のWi-Fiとの接続を切るよう指示した」

 ニューオーリンズ市のウェブサイト(nola.gov)も現在オフラインで、市の他のサーバーとともに遮断されている。

 現地メディア報道によると、同市の当局者は、職員に一刻も早くコンピューターの電源を落とすよう徹底させるため、市庁舎の公共スピーカーシステムを使い、サイバー攻撃を受けているとして注意喚起したという。

 市庁舎だけでなく、ニューオーリンズ警察署も影響を受け、同様にITネットワーク全体をシャットダウンした。

 市の警察官は攻撃の影響を受けることなく持ち場についており、無線などの予備の通信サービスを使っているが、警察署のサーバーに保存されている履歴データにはアクセスできない。

 ニューオーリンズ市当局者はソーシャルメディアで、911番の緊急通報サービスは影響を受けていないと述べた。

 LaToya Cantrell市長は13日の記者会見で、攻撃に関する調査はまだ続いており、ランサムウェアであることは分かっているものの、身代金の要求を受信または発見していないとした。

 当局者によると、ルイジアナ州警察、米連邦捜査局(FBI)ニューオーリンズ支局、ルイジアナ州兵軍、米財務省検察局が、市による調査と攻撃からの復旧を支援しているという。

 ルイジアナ州内の公的部門に対するランサムウェア攻撃が報じられたのは、今回が3例目となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]