編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

いよいよ実作業--具体的な計画を立てるために覚えておきたいポイント

細川涼子 (Dell Technologies)

2020-01-28 07:15

(前回までのあらすじ)
 あるメーカーの情報システム部の中野さん、会社では「データセンター移転プロジェクト」のリーダー、プライベートでは結婚する彼女と一緒に住むための新居探し……。期せずして二つの「引っ越し」に向かい合うことになってしまった。

 第1回では「新居で一緒に住む家族」にあたる「データセンターに今後収容するシステム」の計画を確認した。第2回、第3回、第4回では、アクセスや広さ、設備など引越先のデータセンターに求めるスペックの考え方と検討ポイントについて検討し、第5回では何を現在のデータセンターから搬送するか、あるいは購入するかについて整理した。

 さて、今回は引っ越しの実施計画に移っていきます。移転プロジェクトチームを本格的に立ち上げ、各システム(アプリケーションの開発・保守)チームとの折衝を開始していく段階です。

一般的な引越準備タスク

 今回のトピックは以下の3つです。

  1. 大まかなスケジュールを立てよう
  2. 計画を家族=システムと共有しよう
  3. 見積もりをしよう

*****

 結婚する彼女との新居がやっと決まった中野さん、データセンターの移転計画の検討をしつつ、自分が引っ越す日程も立てなくてはなりません。

 「引っ越しは土日でまとめたいよね。あなたと私の引越業者のトラックが同時に到着すると困るから、土曜と日曜で分けない?」

 「う~ん、でも土日はデータセンター作業が入るかもしれないから難しいなあ」

 「じゃあ平日に代休を取る? その方が安いかもね。私、見積もり取ってもらったけど、土日はやっぱり混んでいて高かったわ」

 「え! もう見積もりしてるの? それならついでに僕のも頼んでくれたらいいのに……」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]