編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
調査

「デジタルマーケティングはビジネスに貢献」が7割以上--富士通総研

NO BUDGET

2020-01-20 15:42

 富士通総研は、大企業におけるデジタルマーケティングの成果を出すポイントを探るため、取り組みの実態を調査し、結果を発表した。

 この調査は、年商1000億円以上の民間企業に勤務するデジタルマーケティング担当のマーケターを対象に、インターネット調査で実施された。調査時期は2019年10月で、回答回収数は1294人。

 これによると、デジタルマーケティングを実践しているマーケター1294人の回答から、担当しているデジタルマーケティングは「ビジネスに貢献している」と75.5%が考えていると分かった。

デジタルマーケティングのビジネス貢献状況(出典:富士通総研)
デジタルマーケティングのビジネス貢献状況(出典:富士通総研)

 その他の結果としては、「従来の営業活動ではアプローチできなかった新規顧客を獲得した(41.1%)」など、新たな手法による分かりやすい効果を得ていた。またデジタルマーケティングに取り組むことで副次的な効果も出ているという。例えば、「社内がデジタルマーケティングの重要性や効果を認識するようになった」が51.2%、「データを基に営業やマーケティグ活動をするようになった」が39.8%となっている。

 同調査において富士通総研はビジネスへの貢献度合いを3段階に分け、「貢献していない」と合わせて、4段階のデジタルマーケティング成熟度を定義した。調査結果は、第1段階「トライアル」が24.5%、第2段階「部分最適」が49.9%、第3段階「全体最適」が15.7%、そして第4段階「リーダー」が9.9%となった。「トライアル」は、BtoC(対消費者ビジネス)が17.4%に対してBtoB(対法人ビジネス)は29.7%で、BtoBはトライアル段階が多かった。

デジタルマーケティング成熟度の分布状況と対象顧客による違い(出典:富士通総研)
デジタルマーケティング成熟度の分布状況と対象顧客による違い(出典:富士通総研)

 さらに成熟度の段階による違いを見ると、「トライアル」や「部分最適」は「デジタルマーケティングの戦略やロードマップがある」の比率が低く、「経営層が入ってデジタルマーケティングを牽引している」にも差があった。

デジタルマーケティング成熟度の段階による違いの例(出典:富士通総研)
デジタルマーケティング成熟度の段階による違いの例(出典:富士通総研)

 富士通総研では、「トライアル」や「部分最適」が次の段階に進むには、戦略やロードマップを明確にして目指す方向を社内で共有した上で、トライアルで得られた成果を通して社内の意識を変革しながら、強力なリーダーシップで取り組みを牽引することが大切だとしている。

 また先行する「リーダー」は、「顧客体験提供が競合会社より進んでいる」と思う比率が91.4%と高いのと同時に、課題として50.0%が「データが不足している」を挙げていた。特に大企業では、部門ごとに独自で取り組んでしまうことが多いので、部門間の調整のためも全体を統括するリーダーシップが必須になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]