SAPと情報通信研究機構、業務効率化に向けたAI翻訳を共同研究へ

ZDNET Japan Staff

2020-01-29 16:45

 情報通信研究機構(NICT)は1月29日、SAPと企業の業務効率化ソフトウェア専用のAI(人工知能)翻訳システムの開発に向けて提携したことを発表した。

 NICTによれば、経済のグローバル化やテクノロジーの革新によって、ビジネス向けソフトウェアにまつわる多言語化ニーズが急増している。ソフトウェアの開発や利用において高精度の機械翻訳を活用することに、最新情報を正確かつ効率的に入手することが、これまで以上に求められているという。

 これまでNICTは、観光や生活向けの音声翻訳、特許や製薬向けのテキスト翻訳でAI翻訳を実現し、翻訳の高精度化に向けて対訳データを集める「翻訳バンク」も運用している。SAPも約80言語を対象にした高精度で高速な翻訳サービスの提供を念頭に研究開発を進めてきた。

 提携期間は2022年末までで、両者の自動翻訳のリソースや技術を組み合わせてAI翻訳システムの高精度化や多言語化を進め、翻訳サービスの開発を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]