編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

生産性向上のために「10xプログラマー」を探して雇うのは有効か

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-02-27 06:30

 生産性が特に高いプログラマーを雇えば、企業の生産性を大きく向上させることが可能で、そうした人材は企業の命運を左右するという意見がある。しかし最近になって、その見方に異を唱える調査結果が発表された。

 飛び抜けて生産性の高いプログラマー(「10xプログラマー」とも呼ばれることもある)が存在するという見方については、昔からさまざまな議論が交わされている。この議論は、最も優れた開発者は最もパフォーマンスが低い開発者よりも生産性が10倍(10x)高いことを明らかにした1968年の調査に端を発している。

 カーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所の上級技術スタッフであるBill Nichols氏が「IEEE Software」に投稿した「The End to the Myth of Individual Programmer Productivity」(個々のプログラマーの生産性に関する通説の終焉)と題した論文は、この問題に取り組んだ最新の研究成果だ。

 Nichols氏がブログで指摘しているように、1968年以降に行われたさまざまな研究で、パフォーマンスが高い開発者は、平均的な開発者に比べ4~28倍生産性が高いという調査結果が出ている。

 しかし、Nichols氏の調査では、一部のプログラマーは他のプログラマーよりもはるかにスキルが優れている(あるいは生産性が高い)という考え方とは矛盾する結果が出たという。同氏は、パフォーマンスの差は個人のスキルに起因する部分もあるものの、各人の生産性には、日によっても、タスクによっても、その他の要因によっても差が出てくると述べている。

 同氏は、「第1に、差の大半は、非常に高いパフォーマンスに起因するものではなく、少数の非常に低いパフォーマンスに起因するものであることが明らかになった。第2に、極端にパフォーマンスが高い、あるいは低いプログラマーは非常に少ない。第3に、同じプログラマーが最高・最低の成績を記録することは少なかった」と説明している。

 Nichols氏は、これらの調査結果を踏まえれば、ソフトウェア開発プロジェクトのマネージャーは採用のアプローチを変えるべきだと主張する。例えば、組織の生産性を向上させるには、最高のプログラマーを獲得することだけに力を入れるのではなく、「有能」なプログラマーを見つけて才能を伸ばすべきだと同氏は言う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]