編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

三菱UFJモルガン、「Red Hat Process Automation Manager」を採用

NO BUDGET

2020-02-21 16:01

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、自社の証券事務電子化・自動化共通基盤「リテール事務共通システム」のワークフロー管理とルールエンジン機能ツールとして「Red Hat Process Automation Manager」を採用した。システム開発は、日立製作所が担当した。

 Process Automation Managerはビジネス上の意思決定とプロセスを自動化する基盤で、ビジネスプロセス管理、ビジネスルール管理、ビジネスリソース最適化、複合イベント処理テクノロジーが含まれる。またユーザーエクスペリエンス基盤も含まれ、プロセスや意思決定サービス向けの使いやすいユーザーインターフェースを最小限のコーディングで作成できるという。

 リテール事務共通システムは、顧客の口座開設や住所変更などの各種事務を対象に従来の書面による手続きを電子化し、システム上で完結できるようにするもの。営業店やコールセンター、インターネットなどのチャネルごとに異なる手順や書類を標準化し、関連システムとデータ連携することで、業務効率向上や手続き期間の短縮を図るようにしている。

 なお今回の導入では、Process Automation Managerのビジネスプロセス管理機能を活用することにより、システム全体のワークフロー設計と搭載を行っている。またビジネスルール管理においては「Red Hat Decision Manager」を活用することで、手続きをルールベースで管理でき、データ入力項目の不備や相関チェックを自動化できるようになった。

 これまで三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、各種事務手続きを書面で行ってきており、顧客が記入した紙の帳票を複数の従業員でシステムごとに照会を掛けながら、受付・精査・承認の手続きを手作業で行っていた。また、法制度の改正やマネーローンダリング(資金洗浄)防止やテロ資金供与対策への対応などによって帳票自体の変更が必要となり、併せて業務マニュアルや業務フローの更新が発生し、さらに更新されたマニュアルやフローを従業員に定着させるのにも多くの時間がかかっていた。

 リテール事務共通システムの導入により、業務フローの可視化やシンプル化やデータのシステム間連携が可能となり、受付・精査・承認の作業工数を大幅に削減できることになった。また今後法制度が改正された場合に向けて、ルールエンジンの更新で対応できる柔軟な仕組みを構築したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]