編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

MAツール市場、2023年まで15%前後で成長--個人向けと法人向けの両方で堅調

藤代格 (編集部)

2020-02-27 07:15

 アイ・ティ・アール(ITR)は2月26日、統合型マーケティング支援市場予測を発表した。2018年度の売上金額は前年度比32.4%増の174億8000万円。市場認知度、ニーズ拡大による新規ユーザー増、大企業の既存システム拡張などを背景に大きく伸びたという。

 統合型マーケティング支援は、マーケティング・プランニングや見込客、カタログ、キャンペーン、イベントの管理、パーソナライゼーションなど、マーケティング活動全般を支援する製品、サービスを指している。一般的にはマーケティングオートメーション(MA)と呼ばれている。

 参入ベンダーは好調を維持し、2019年度も前年度比24.3%増。高成長が継続するという。

 法人間取引を支援するBtoB向け、法人と個人消費者間を支援するBtoC向けに分類すると、2018年度はBtoB向けが前年度比32.6%増、BtoC向けが同32.3%増。ほぼ同等に伸びたという。

 2019年度もほぼ差は無い。2018~2023年度にかけたそれぞれの年平均成長率(CAGR)を15.4%、16.7%と予測。140億円、230億円に到達するとしている。

2017~2023年度の統合型マーケティング支援市場規模推移および予測(出典:ITR)
2017~2023年度の統合型マーケティング支援市場規模推移および予測(出典:ITR)

 ITRのシニア・アナリストの三浦竜樹氏は、「導入済みの大企業を中心に営業支援システム(SFA)やCDP(Customer Data Platform)、コンテンツ管理システム(CMS)との連携が進み、導入範囲が拡大している。特にBtoBでは営業人員不足の解消と業務の効率化を目的に、デジタルチャネルを活用した見込み客へのアプローチが重要になっている。参入ベンダーの積極的なプロモーションで認知度も高まり、年商規模が小さいBtoC企業での新規導入が増加傾向にある。BtoBとBtoCで導入の目的や背景は異なるが、今後も堅調な伸びが期待される」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]