編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

TOYO TIRE、走行中のタイヤ状況を可視化--安全走行を支えるセンシング技術を開発

NO BUDGET

2020-02-27 12:02

 TOYO TIREは、人工知能(AI)やデジタル技術を用いて、走行中のタイヤ性能をリアルタイムに可視化するセンシング技術を研究開発している。タイヤに装着したセンサーから情報を取得し、走行中の状態と限界値を「タイヤ力」として把握。これにより限界を超える走行やブレーキによる衝突の危険などを推定することができるようになるという。

 タイヤ力の推定モデルを構築する際には、SAS Institute Japanの「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」を活用。このモデルを「SAS Event Stream Processing」を介して車上デバイスに組み込むことでリアルタイムでのタイヤ力の可視化を実現する。また、「SAS Event Stream Processing」により収集・演算されたデータはクラウド上に集められ、これらを気象状況や交通、道路状況などの外部データと併せて分析し、安全走行に必要な情報として車上デバイスにフィードバックする。

 今後は、車両制御との連携や表示やアラートによってドライバーに通知するなど、より安全で安心な移動を支援する役割を果たしていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]