編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ベライゾンと三井物産子会社、企業向けセキュリティサービスで協業

ZDNet Japan Staff

2020-03-04 12:13

 Verizonと三井物産子会社でサイバーセキュリティ事業を手掛ける三井物産セキュアディレクション(MBSD)は3月4日、グローバル展開する日本企業向けのセキュリティサービスで協業すると発表した。脅威監視やインシデント対応支援などの広範なサービスを共同展開する。

 Verizonは、世界9カ所にセキュリティ監視センター(SOC)、6カ所のフォレンジック(電子的な捜査解析など)ラボを展開し、年間610億件以上のセキュリティイベントを調査している。また、マネージド型によるセキュリティ脅威の動向分析や解析、防御、ID管理などのセキュリティサービスも手掛ける。MBSDは2001年に設立され、セキュリティ診断や調査、コンサルティングなどのサービスを提供している。

 協業ではグローバル展開する日本企業を対象に、脅威監視ツールやインシデント管理プラットフォーム、24時間体制によるインシデント対応やフォレンジックのサービスを提供していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]