編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

Google Cloud、新たなクラウドリージョンを4カ所に開設へ--中東にも初

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-05 11:59

 Google Cloudは米国時間3月4日、「Google Cloud Platform」(GCP)の新たなリージョンをインドのデリーとカタールのドーハ、オーストラリアのメルボルン、カナダのトロントに開設すると発表した。これらのリージョンはそれぞれ3つのゾーンを持ち、主要なGCP製品のポートフォリオを提供するとGoogleは説明している。

 Googleは現在、16カ国で22のクラウドリージョン、67のゾーンを展開している。今後1年ほどで、ジャカルタ、ラスベガス、ソルトレイクシティ、ワルシャワにもリージョンを解説する計画だ。

 Googleにとって、カタールの新リージョンは中東地域で初めてのリージョンとなる。また、インドとオーストラリア、カナダに2つ目となるリージョンを追加することで、Googleはそれらの地域内で災害が発生した際に復旧の選択肢を増やせるようになる。

 Googleは、クラウドインフラ計画を推進する上での重要課題として、災害復旧(DR)時にこうした複数の選択肢を提供することのほか、セキュリティ要件やコンプライアンス要件を満たすために顧客がデータを管理できるようにすることや、サステナビリティーの実現を挙げている。

 2月には、Google Cloudの年間売上高ランレートが100億ドルを超えることが明らかになった。同社は、さまざまな戦略やセールスチームを構築し、他社と差別化できるサービスを提供してきた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]