編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Windows 10」新プレビュー、診断データの収集設定やセキュリティアイコンを変更

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-09 10:52

 Microsoftは、「Windows Insider Program」のファーストリングに「Windows 10」の新しいビルドを公開した。今回のビルドでは、診断データの収集に関する設定の変更や、「Windowsセキュリティ」への新しいアイコンの導入、Cortanaの改善など、比較的多くの機能がアップデートされている。

 今回のリリースでは、Insider Previewのビルド番号が「19577」になり、デバイスからの診断データの収集に関する透明性やユーザーによる制御を改善する取り組みの一環として、「設定」アプリとグループポリシーの設定に幾つかの変更が加えられた。

 これまで、Windows 10の「Home」エディションと「Pro」エディションでは、収集される診断データのデフォルト設定は「完全」だった。それに加え、プライバシーを心配するユーザー向けに、基本的なデータだけを収集する「基本」と呼ばれるオプションが用意されていた。

 今回のアップデートでは、オプションの名称が「基本」から「必須の診断データ」に、「完全」から「オプションの診断データ」に変更されている。

 また管理者は、グループポリシーの設定で、組織内で収集するデータをより細かく設定できるようになる。Microsoftは、リリース時期が近づいたら新しいポリシーに関する詳細を発表すると述べている。

 「Answers」の記事で説明されている通り、今後は診断データの設定から「拡張」のオプションが削除される。診断データの収集レベルを「拡張」に設定しているデバイスでは、収集レベルがデフォルトで「基本(必須の診断データ)」に変更される。

 また今回のプレビューでは、Windowsセキュリティのアイコンに「Fluent Design」が導入された。新しいアイコンは、将来のWindows 10の機能アップデートでロールアウトされる予定だ。

 「Windows Update」経由でのドライバーのアップデート配信に関する実験が継続されることもアナウンスされた。Microsoftは、ドライバーのアップデートを苦痛に感じるユーザーが多いことを受けて、1月から新しいドライバーのアップデート方法を試している。この実験は、3月末まで続けられるという。

 またInsider向けの「Cortana」アプリでは、過去に追加された機能の一部が一時的に削除されていたが、今回のビルドでは、アシスタントとの会話機能が再追加された。

 今回のビルドでは多数の不具合も修正されており、修正された機能にはクリップボードや「ファイルエクスプローラー」「Windows Hello」などが含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]