編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

京葉銀行、AI-OCR+RPAで“業務の全自動化”--年約5300時間の作業削減へ

ZDNet Japan Staff

2020-03-12 12:22

 京葉銀行は、AI insideのAI-OCR(人工知能を活用した光文字認識)サービス「DX Suite」を導入した。まずは、手書きの申込書が発生する住宅ローンの事前審査業務に適用し、年約5300時間の業務時間の削減を狙う。

 同行は生産性向上の取り組みの一環として、2018年7月にRPA(ロボテックプロセスオートメーション)を導入し、本部各部署の事務業務の効率化を図ってきた。しかし、RPAによって定型業務を自動化した一方で、申込書などの手書き書類をデータ化する業務に時間を要していた。

 この課題を解決するため、手書き文字などでも読み取り精度の高いAI-OCRをRPAと組み合わせ、“紙帳票が関わる業務の全自動化”を目指すとしている。

AI-OCRを適用する業務内容(出典:AI inside)
AI-OCRを適用する業務内容(出典:AI inside)

※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]