編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

令和初の決算、50%が「例年より大変」--消費増税や軽減税率などが影響

藤代格 (編集部)

2020-03-17 07:15

 経費精算サービス「楽楽精算」などを提供するラクス(渋谷区)は3月16日、「年度の決算に向けての意識調査」を発表。約2人に1人が今年度の決算業務は大変と予測したという。

 例年と比べて今年度の決算業務は大変かを尋ねると、「かなり大変になる」「やや大変になる」を合わせて50.5%となったという。

 48.3%を集めた「変わらない」の回答理由には、「税理士に任せている」「ほとんどの業務をアウトソースしている」「会計事務所に申請書、報告書をお願いしている」などが見られたという。税理士、会計士への業務のアウトソースなど、業務負担が少ない経理担当者の回答と推測している。

今年度の決算業務が大変になるか(出典:ラクス) 今年度の決算業務が大変になるか(出典:ラクス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 大変になる要因としては、「消費税増税、軽減税率の施行」が最多の53.5%を集めている。「増税により軽減税率と旧税率の処理が増えた」「消費税が途中から上がり、切り替わりの時期での計算が手間」といった声が見られたとしている。

大変になると考える理由(出典:ラクス) 大変になると考える理由(出典:ラクス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 例年よりも大変になりそうな作業項目は、「消費税の計算」が最多の28.0%。「現金、預金の残高照合」「売上原価の算定」が同率で12.0%と続いたという。

 「年度途中の税率変更で複数の税率があり、申告資料や基礎資料の個別作成が必要」「消費税増税を機に上がった売上原価への対応が大変」などの声もあったという。

大変になりそうな作業項目(出典:ラクス) 大変になりそうな作業項目(出典:ラクス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 3月期決算企業に所属する経理担当者の男女400人が対象。インターネットを活用して1月16~20日に調査している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]