編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

KDDI、AIチャットボットを開発--法人顧客からの問い合わせ対応に活用

大場みのり (編集部)

2020-03-19 16:45

 KDDIは3月19日、人工知能(AI)とチャットボットを組み合わせたシステム「運用フロントAIシステム」を開発し、2020年3月中に自社の法人顧客向けサービスデスク部門に導入すると発表した。

運用フロントAIシステムの概要(出典:KDDI)
運用フロントAIシステムの概要(出典:KDDI)

 KDDIでは、法人顧客に対して多様なネットワークサービスを提供しており、質問対応や故障対応を常時行っている。一方で、顧客ごとにネットワーク環境が異なることなどにより、専門的な問い合わせに対して、いかに迅速かつ精度の高い回答を行うかが課題となっていたという。

 同システムはAIを活用して、既存のFAQ(Frequently Asked Questions:よくある質問)や問い合わせ内容の履歴、マニュアルなどを基に、法人顧客の質問に対して迅速かつ正確な回答を自動的に作成する。同システムのAIは、あらかじめ学習したデータだけで回答するのではなく、顧客ごとの回線契約情報や、回線の異常に影響を及ぼす可能性がある地域の停電情報・気象情報などを組み合わせて、リアルタイムで回答文を導き出すことが可能。これにより、オペレーターが調査・対応に要する時間を45%削減することができるという。

 また、サービスの契約書や各種定義書などの資料を基に専門的な用語を自動抽出し、それから推測される質問や回答文を自動生成することが可能だという。専門用語の抽出では、一般的な用語の自動検出のほか、業界や社内特有の専門用語も検出対象とする機能により、全ての専門用語を抽出することができるとしている。

 加えて2020年中に、スマートフォンやタブレットから直接AIと対話する機能の導入を予定している。例えば、ビジネスチャットツールと連携させることで、KDDIの従業員が取引先を訪問した際などに、その場で同システムのAIが回答できるようにするという。

AIを用いたFAQ生成機能の概要(出典:KDDI)
AIを用いたFAQ生成機能の概要(出典:KDDI)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]