編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Windowsに2件の未修正の脆弱性、限定的なサイバー攻撃も

ZDNet Japan Staff

2020-03-24 10:57

 Microsoftは米国時間3月23日、Windowsに遠隔での任意のコード実行が可能になる2件の未修正の脆弱性が存在することを明らかにした。既に修正プログラムの開発に着手しているが、脆弱性を悪用する限定的なサイバー攻撃が発生したとして、緩和策の実施を呼び掛けている。

 2件の脆弱性はAdobe Type Manager Libraryに存在し、Adobe Type 1 PostScript形式を不適切に処理してしまうことに起因する。脆弱性の悪用には、ユーザーに細工したドキュメントを開かせたり、Windowsのプレビューウィンドウで表示したりするなど複数の方法があるという。

 脆弱性の影響は、1月にサポートが終了しているWindows 7やWindows Server 2008/R2を含めた広範なWindows製品に及ぶ。なお、サポートが提供されているWindows 10については、万一攻撃が成功しても、AppContainerサンドボックス内での限定された権限によるコード実行にとどまる場合があるとする。

 開発中の修正プログラムは4月の月例セキュリティ更新プログラムでリリースされると見られるが、Microsoftではパッチ提供までの下記の緩和策を紹介している。

  • Windowsエクスプローラーのプレビューペインと詳細ペインを無効にする
  • WebClientサービスを無効にする
  • ATMFD.DLLの名前を変更する(Windows 10バージョン1709以降には存在しない)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]