NTT Com、ブリヂストンとローカル5Gで共同実験

NO BUDGET

2020-03-27 09:53

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、ローカル5G(第5世代移動体通信)の検証についてブリヂストンと合意した。6月からブリヂストンの技術センターと製造工場で実証実験を開始する。また、ラグビートップリーグに所属する「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス」のホームグラウンドである「アークス浦安パーク」において、多段エッジコンピューティングとローカル5Gとを組み合わせた実証実験を予定している。

 4.5GHz帯および28GHz帯の実験試験局免許を取得し、ブリヂストンの広大な工場敷地内において通信品質実験、大容量データ送受信実験などを行うことで、将来的なセンサー類の無線化や、高精細カメラによる技術者の技能分析など、製造現場のDX(デジタル変革)におけるローカル5Gの活用領域を共同で検討していく。

実験の概要
実験の概要(出典:NTT Com)

 実験項目としては、電波伝搬試験(測定器・端末にて受信強度を複数拠点で測定)、通信性能試験(遅延や帯域性能を複数拠点で測定)、ローカル5Gを利用した各種アプリケーション試験が挙げられている。

 NTT Comは、現在制度化されている28GHz帯に加えて、壁や柱などの障害物に強いとされる4.5GHz帯でのローカル5Gが本格導入されることを視野に、製造現場のみならず、幅広い業種・業態のDX実現のためのローカル5Gの可用性を検討していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]