編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NTT Com、IoTプラットフォームサービスに専有型プランを追加

NO BUDGET

2020-02-18 09:50

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)2月17日、IoTプラットフォーム「Things Cloud」の追加プランとして、専有型の「Things Cloud Private」の提供を開始した。

 新プランにより、閉域網との接続によるセキュリティの強化や、CPU、メモリーなどのサーバーリソースの確保、複雑なカスタマイズへの対応など、従来のマルチテナント型では対応が難しかったニーズに応えていく。

Things Cloud Privateのイメージ
Things Cloud Privateのイメージ

 閉域網内の接続では、例えば、製造業企業が工場で扱うような機密性の高いデータを安全に流通させることができる。この安全なデータの流通経路を通じて、クラウド、ストレージ、データ分析など、同社のデジタルトランスフォーメーション支援ソリューション「Smart Data Platform(SDPF)」を構成する各種サービスや機能と連携可能なため、安全なIoT活用環境を構築できるとする。

 サーバーリソースを確保する専有基盤では、ユーザーごとにサーバーリソースを確保、変更することができるため、繁忙期への対応などに合わせて柔軟な対応が可能になる。

 カスタマイズ対応では、特定ポートやIPアドレスの接続制限、ユーザーインターフェース画面の変更などが可能となる。また、デバイスとIoTプラットフォーム間で利用される軽量な暗号化通信を実現するプロトコル「MQTTS」と、Active Directoryと接続してシングルサインオンを実現するOAuth 2.0に対応しているため、個別アプリケーションやセキュリティ要件に応じた複雑なカスタマイズが可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]