編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

マイクロソフト、「Windows 10」のVPN接続不具合を修正する緊急パッチをリリース

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-01 12:53

 Microsoftは、インターネットの接続不具合を引き起こす「Windows 10」のバグを修正するため、緊急アップデートをリリースした。このバグが原因で、ユーザーや一部の「Office 365」環境がクラウドにアクセスできない問題が発生していた。

 同社は米国時間3月26日、このバグの存在を認めた。このバグは、特に仮想プライベートネットワーク(VPN)で、プロキシーを使用する全てのバージョンのWindows 10に影響を及ぼした。

 Microsoftは先週、このバグを深刻な問題とみなしているようで、4月上旬にパッチを提供できるはずだと述べた。しかし、同社はその予定よりも早く約束を果たし、アップデートをリリースした。ユーザーは「Microsoft Update Catalog」から手動でインストールできる。

 このパッチは、「Windows Update」経由で全てのユーザーに自動的に配信されるわけではない。Microsoftによると、影響を受けていないユーザーがこのパッチをインストールする必要はないという。

 Microsoftは「Windows」メッセージセンターで、「特に仮想プライベートネットワーク(VPN)で、プロキシーを使用するデバイスにおいて、『接続がありません』または『制限付きインターネットアクセス』といったメッセージが表示される既知の問題に対処するため、任意の定例外アップデートをMicrosoft Update Catalogで公開した」と述べた。

 「この問題の影響を受けている場合にのみ、この任意のアップデートをインストールすることをお薦めする」(同)

 Windows 10のバージョン1709~バージョン1909を対象にアップデートが公開されている。

 このバグは、会社のアプリケーションの設定によっては、リモートワーカーの生産性を著しく低下させるおそれがあった。

 「WinHTTP」や「WinInet」を利用してインターネット接続しているアプリケーションでも、接続に不具合が生じる可能性がある、とMicrosoftは警告していた。そうしたアプリケーションには、「Microsoft Teams」や「Microsoft Office」、Office365、「Outlook」「Internet Explorer 11」、一部バージョンの「Microsoft Edge」などがあった。

 このバグは、2月27日以降の累積的な更新プログラムがインストールされたWindows 10デバイスに影響を及ぼした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]