マイクロソフト、「Windows 10」のVPN接続不具合を修正する緊急パッチをリリース

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-01 12:53

 Microsoftは、インターネットの接続不具合を引き起こす「Windows 10」のバグを修正するため、緊急アップデートをリリースした。このバグが原因で、ユーザーや一部の「Office 365」環境がクラウドにアクセスできない問題が発生していた。

 同社は米国時間3月26日、このバグの存在を認めた。このバグは、特に仮想プライベートネットワーク(VPN)で、プロキシーを使用する全てのバージョンのWindows 10に影響を及ぼした。

 Microsoftは先週、このバグを深刻な問題とみなしているようで、4月上旬にパッチを提供できるはずだと述べた。しかし、同社はその予定よりも早く約束を果たし、アップデートをリリースした。ユーザーは「Microsoft Update Catalog」から手動でインストールできる。

 このパッチは、「Windows Update」経由で全てのユーザーに自動的に配信されるわけではない。Microsoftによると、影響を受けていないユーザーがこのパッチをインストールする必要はないという。

 Microsoftは「Windows」メッセージセンターで、「特に仮想プライベートネットワーク(VPN)で、プロキシーを使用するデバイスにおいて、『接続がありません』または『制限付きインターネットアクセス』といったメッセージが表示される既知の問題に対処するため、任意の定例外アップデートをMicrosoft Update Catalogで公開した」と述べた。

 「この問題の影響を受けている場合にのみ、この任意のアップデートをインストールすることをお薦めする」(同)

 Windows 10のバージョン1709~バージョン1909を対象にアップデートが公開されている。

 このバグは、会社のアプリケーションの設定によっては、リモートワーカーの生産性を著しく低下させるおそれがあった。

 「WinHTTP」や「WinInet」を利用してインターネット接続しているアプリケーションでも、接続に不具合が生じる可能性がある、とMicrosoftは警告していた。そうしたアプリケーションには、「Microsoft Teams」や「Microsoft Office」、Office365、「Outlook」「Internet Explorer 11」、一部バージョンの「Microsoft Edge」などがあった。

 このバグは、2月27日以降の累積的な更新プログラムがインストールされたWindows 10デバイスに影響を及ぼした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]