NTT Com、設定不要の「テレワーク用パソコン」を提供--開封から約10分で利用開始

NO BUDGET

2020-04-06 09:50

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、設定不要ですぐに使える「テレワーク用パソコン」の提供を開始する。モバイル通信の接続設定やマルウェア対策ソフトの設定などが全て完了した状態でユーザーに届けられ、開封から約10分でテレワークを始められる。

 テレワーク用パソコンは、企業向けVPN(仮想私設網)「Arcstar Universal Oneモバイル」の対応端末として提供される。Arcstar Universal Oneモバイルはインターネットを経由せず、携帯電話網からVPNに直接接続するセキュアなモバイル通信サービスで、ノートPCでは対応するWi-FiルーターやUSBドングルを介して利用できる。今回、手軽にセキュアなテレワークを開始できるように、通信機能を内蔵したPCの取り扱いを開始した。

提供イメージ(出典:NTT Com)
提供イメージ(出典:NTT Com)

 テレワーク用パソコンは、Arcstar Universal One モバイルのSIMカードがあらかじめセットされており、VPNに接続することが可能。また、SIMの差し替えによる不正なアクセスを防ぐIMEI認証を採用しているほか、ノートPCを紛失した際のデータ漏えいを防止するため、端末の指紋認証に加えてWindows 10の「BitLocker」による暗号化とTPM2.0機能の組み合わせによるセキュリティ対策を採用している。

 利用料金(1回線当たり)は、初期費用がArcstar Universal Oneモバイルのネットワーク工事費が税別3000円。テレワーク用パソコンの端末代金がNEC VersaPro UltraLite タイプVBで14万4800円、VAIO Pro PA(2-in-1) 16万8000円。Arcstar Universal Oneモバイルの通信費(SMS対応)は、ECO 500MBコースが620円、同3GBコースが1400円、同7GBコースが2100円、同15GBコースが4100円となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]