編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ウイングアーク、システムやクラウドを連携・接続する業務自動化ツールを販売

NO BUDGET

2020-04-17 15:00

 ウイングアーク1stは、異なるシステムやクラウドサービスを連携・接続し、業務を自動化できるコミュニケーションツール「DEJIREN(デジレン)」の販売を開始すると発表した。

 同ツールは、企業で働く人とビジネスで必要となる異なるシステムやサービスをつなぎ、人の意思決定を加速させるコミュニケーションツールで、企業の業務システムや外部のクラウドサービスをノンプログラミングで連携させることができる。

 蓄積・流通するデータを組み合わせることにより、スケジュールの遅延、設備異常、在庫の不足などを「ボット」に通知させる、あるいは投入したデータファイルが自動で仕訳され適切なシステムに格納させるといったことが可能だ。また「ボット」に取引先についての問い合わせを行い、複数のシステムにまたがる情報がリアルタイムに組み合わされて通知させる、などのアクションが実行できる。

DEJIRENアプリ画面(スマートフォン):必要な情報を問い合わせると自動的にデータを取得、通知される
DEJIRENアプリ画面(スマートフォン):必要な情報を問い合わせると自動的にデータを取得、通知される
アクションフローの設計画面:自動化の処理設定は、コネクターと条件分岐、アクションのパーツを配置するだけ、コーディングレスでシステム連携が可能
アクションフローの設計画面:自動化の処理設定は、コネクターと条件分岐、アクションのパーツを配置するだけ、コーディングレスでシステム連携が可能
連携構成図:API を使ってシステムやサービスと連携する「コネクター」、ユーザーとコミュニケーションを行う「ボット」、そしてノンプログラミングで業務フローを自動化できる「アクションフロー」により構成
連携構成図:API を使ってシステムやサービスと連携する「コネクター」、ユーザーとコミュニケーションを行う「ボット」、そしてノンプログラミングで業務フローを自動化できる「アクションフロー」により構成

 自動化する業務フローは、プラットフォームで一元管理ができる。またウイングアーク1stの既存製品との連携では、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」および文書データ活用ソリューション「SPA」のコネクターが用意されており簡易に連携できる。 

 利用価格は、初期費用が10万円/開始月のみ。基本ライセンスが月額7000円/10ユーザー(年間契約が基本。アクションフロー/3、データストレージ/100GB、ブリッジサービス/1が含まれる)。クライアント対応OSはiOS、Windows。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]