日本MS、全都立学校に学習支援サービスを提供--休校受け5月に前倒し

大場みのり (編集部)

2020-05-11 11:53

 日本マイクロソフトは5月8日、東京都教育委員会と協定を締結し、都立高等学校や特別支援学校などの都立学校に学習支援サービスを提供すると発表した。247校に上る全ての都立学校の生徒・教員が対象。5月中旬に利用を開始する見込み。

 東京都教育委員会は元々、オンライン教育の推進に向けて、11月に教育機関向けの統合型クラウドサービス「Microsoft 365 Education」を全都立学校へ導入することを予定していた。だが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校を受け、5月に「Office 365 Education」を先行導入し、11月にMicrosoft 365 Educationへ移行することにした。

 Microsoft 365 EducationにはOffice 365 Educationのほか、「Windows 10」のライセンス、端末管理ツール「Intune for Education」、プログラミング教材として利用可能な教育版の「Minecraft」、セキュリティ機能などが含まれている。

 都立学校はOffice 365 Education/Microsoft 365 Educationを活用して、オンライン授業や学習指導、課題の配信・提出、個人面談、学級会やホームルームの開催などを行うとしている。

 日本マイクロソフトはOffice 365 Educationの提供に当たり、全生徒・教員のアカウントを作成し、コラボレーションツール「Microsoft Teams」の初期設定を行う。また、生徒と教員がOffice 365 Educationを円滑に利用できるよう、オンライン研修を実施するとともに、アカウント管理やMicrosoft Teamsに関する問い合わせ対応を行う。

 Microsoft Teamsについては、下図のような活用方法が想定されている。

(出典:日本マイクロソフト)
(出典:日本マイクロソフト)
(出典:日本マイクロソフト)
(出典:日本マイクロソフト)
(出典:日本マイクロソフト)
(出典:日本マイクロソフト)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]