編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

大和財託、賃貸管理サービスの一部をRPAで自動化

NO BUDGET

2020-06-05 16:05

 資産運用プラットフォーム事業を展開する大和財託は、RPAテクノロジーズが提供するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)ツール「BizRobo! mini」を導入。退去者が発生した部屋のリーシング(入居者募集)業務に適用させ、およそ月間70時間の効率化に成功したという。

 毎月数体のソフトウェアロボットが稼働しており、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため導入したテレワークにおいても、現場社員が出社せずとも業務を遂行できる環境を構築している。

 BizRobo! miniについて同社は、低い価格設定によるスモールスタートが可能なことやライセンス形態のアップデート時にも既存ロボットをそのままスムーズに移行できることを評価した。また直接的な操作が可能なため、ロボットの作成がシンプルなことも採用の決め手となった。

 同社では2019年9月にBizRobo! miniを導入し、2020年4月時点にはリーシング(入居者募集)業務において年間180時間の効率化を可能にした。また、これらの業務サポートに関してはIT戦略室が管理を担当。業務分析やロボット最適化、自動化の対象業務選定とロボット化の内製を実施している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]