編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Linuxの生みの親トーバルズ氏の最新自作マシンを徹底解剖--本人のコメント付きで構成を紹介

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-07-04 08:30

 Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏は5月、Linuxカーネルメーリングリスト(LKML)で、次期バージョンである「Linux 5.7-rc7」の最近の開発状況について説明した。同氏はその中で、「15年ぶりに自分のデスクトップをIntelベースではないマシンにした」と述べている。最新の開発用マシンには、「AMD Threadripper 3970X」が搭載されているという。しかし、CPUがどれだけ高速でも、コンピューターの性能はそれだけでは決まらない。筆者は同氏にインタビューして、新マシンの詳しい構成を聞いてみることにした。

 まず、同氏は既に新しいマシンのパフォーマンスに感動しているという。

 「『allmodconfig』のテストビルドは、以前よりも3倍速くなった。今は作業が落ち着いている時期なのでそれほど問題にはならないが、次のマージウィンドウでは違いを実感できるはずだ」

 AMD Threadripper 3970Xのコア数は32コアだ。このプロセッサーはAMDの7ナノメートル「Zen 2」コアアーキテクチャーで作られており、PCIe 4.0のレーン数になる。AMDは、このプロセッサーは競合製品よりも90%高速だと主張している。Phoronixの独自テストでも、「Threadripper 3970Xは圧倒的にパフォーマンスが高く、『Core i9 10980XE』を上回っている」という。

 Torvalds氏はPCを自作するタイプの人物だ。

 「自分のマシンは大抵自作している。普段はフランケンシュタイン式で、前に使っていたマシンなどから、ケースやSSDを流用して作っている。しかし今回は、全部新しく作った」

 なぜマシンを自作しているのかと尋ねると、次のような返事が返ってきた。

 「他の人に自分のマシンを作ってもらうのは好きじゃない。自分が重視してるスペックに合ったものが欲しいということもあるし、もう今の自分はあまり必要としていないが、寄付してもらっているということも気にしている」

 Torvalds氏がこれまで使っていたマシンは、「Core i9-9900K」ベースだった。同氏は、普段は近くのFry's(PCパーツの品揃えが充実した米国の大型家電ショップチェーン)に行って、基本的なパーツを直接選んでいるが、今回は新型コロナウイルスの影響で、全てのパーツをAmazonで購入した。パーツが届くのには数週間かかり(最近では2日以内のパーツ配送サービスは受けられない)、最後の2つのパーツが届いたのは、米国時間5月22日のことだったという。

 ここからは、Torvalds氏のコメント付きでハードウェアの構成を紹介しよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]