編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Cloudera Data Platform」、プライベートクラウド対応の技術プレビュー版を公開

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-12 12:59

 Clouderaは米国時間6月11日、アナリティクスプラットフォーム「Cloudera Data Platform(CDP)Private Cloud」の技術プレビュー版を発表した。

 同社は2018年10月、かつては火花を散らしていた競合相手のHortonworksとの合併を発表。それからわずか18カ月後に、CDPに欠けていた大きな要素、すなわちプライベートクラウドへの対応を提供することになる。

2社のプラットフォームを統合

 CDPは、両社の旧来の「Hadoop」ディストリビューションを統合し、その中にあるすべてのオープンソースソフトウェアコンポーネント上に、クラウド指向のデプロイメントおよび管理のための抽象化レイヤーを実装した。さらに、高度なエッジ分析機能やIoTデータのストリーミング機能、全面的に強化した機械学習プラットフォームなどを追加した。しかし、CDPの最大の売りは「Kubernetes(K8s)」ベースの導入アーキテクチャーで、ユーザーはCDPクラスターを、マルチクラウドやハイブリッドクラウド上に自由に構築できる。

 CDPなら、同社の集中型管理・ガバナンス環境の「Shared Data Experience(SDX)」を使い、一見相入れないように思えるこれらの資産を一括管理できる。同社のウェブサイトによれば、パブリッククラウドの場合、CDPは「Amazon Web Services(AWS)」と「Microsoft Azure」上で動作し、まもなく「Google Cloud Platform」にも対応する予定だ。しかし、同社が2019年9月にCDPを発表した際に、プライベートクラウドへの対応もロードマップには含まれていたものの、これまで提供されていなかった。

プライベートクラウドへの対応を公開プレビューとして提供

 Clouderaは「CDP Private Cloud」の一般提供(GA)を今夏に予定している。パブリッククラウド版と同様、CDP Private CloudもK8sベースとなり、IBMの「Red Hat OpenShift」のプライベートクラウド環境で動作するように設計されている。

 大手クラウドプロバイダー各社は、それぞれKubernetesのマネージドサービスを提供しており、OpenShiftも同種のプラットフォームをオンプレミスで提供する。このためCDPワークロードをパブリッククラウド間や、パブリッククラウドとプライベートクラウド間で移動させることができる。その結果、これらの環境で互換性が生まれ、顧客は最も便利で経済的な場所にクラスターを展開できるようになる。そして、CDPの「クラウドへのバースト」機能を活用し、柔軟性と機動性を実現できる。

Kubernetesで同じ土俵に

 主要なクラウドプロバイダーは、HadoopとSpark向けに独自のマネージドサービスを1つ以上提供しているため、Clouderaがこの分野で独立してやっていくのは困難になっていた。しかし、すべてのクラウドを網羅した柔軟な互換性に加え、ストリーミングデータ、アナリティクス、データパイプラインとエンジニアリング、機械学習間のより高度な統合を提供すれば、Clouderaはクラウドプロバイダーがまだ未対応の分野で、企業顧客に重要かつ大きな価値提案をできることになる。

 CDP Private Cloudの一般提供が、コロナ収束後に業界と社会が動き始めるタイミングと合えば、大手に太刀打ちできる機運をつかめるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]