編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Microsoft Teams」、49人同時表示を6月中にプレビュー

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: Crowd Power Partners

2020-06-18 14:42

 Microsoftは6月初め、「Microsoft Teams」のビデオ会議で49人の同時画面表示に対応する予定だとしつつも、時期については明らかにしなかった。同社は米国時間6月15日、この機能のプレビューを6月中に提供し、秋に一般提供すると発表した。

49人の同時画面表示
提供:Microsoft

 新型コロナウイルス感染症の世界的流行の中で、Microsoft TeamsやZoomを使用したリモート授業を余儀なくされている教師をはじめ、多くのユーザーが待ち望んでいた朗報だ。

 2月に欧米で感染が拡大した当初、Microsoft Teamsは最大4人の同時画面表示をサポートしていた。その後5月に最大9人まで表示可能となったが、開発チームは「まだ不十分」としていた。

 Microsoftの教育事業担当ゼネラルマネージャー、Barbara Holzapfel氏は、「教師が全生徒の顔を同時に見られることで、生徒の取り組み方だけでなく、社会的および感情的な絆にも大きな違いが生じる」と述べた。

 「そのためTeamsではグリッド表示を7×7に拡大し、今月にプレビュー、秋に一般提供する。これにより一度に最大49人の画面表示が可能になる。秋には、教師は仮想のブレイクアウトルーム(グループ分け)を作成できるようになるため、生徒が少人数のグループで集まり、共同作業ができるようになる」と同氏は説明

 またこの秋には、クラスの出欠報告やクラスについての考察など、データ分析機能が強化され、生徒の取り組みを示す新たなトレンドビューが登場する。

 夏には、教師が不在の際に生徒が会議を開始できないようにする新しい会議オプションが追加される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]