編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Microsoft Teams」、カスタム背景を設定できる機能を正式提供

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-10 11:29

 「Microsoft Teams」では、背景をぼかす機能がすでに提供されており人気を博しているが、最新のアップデートにより、ユーザーが自分のカスタム背景をアップロードできる機能も正式に追加された。

Microsoft Teams
提供:Microsoft

 参加者が同僚やクラスメートとの会議中に現実の背景を隠したいとき、背景をぼかしたり、あらかじめ用意された画像を使ったりすることは、これまでも可能だった。

 MicrosoftはTeamsのロードマップで、「高い人気を得ているTeams会議の背景効果機能をさらに発展させて、カスタムアップロード機能を追加した。この新機能では会議参加者が自分の画像をアップロードして、背景をカスタマイズできる」説明している。

 Microsoftは「Zoom」ですでに利用可能な機能をTeamsに追加する取り組みを続けており、今回のアップデートもその一環だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防ぐため、各国政府がソーシャルディスタンシングを求めるようになって以来、Zoomはユーザー数を急速に伸ばしている。

 Microsoftは、Teams会議にカスタム背景を追加する手順を記載した新しいサポートページを公開した。

 Teamsアプリの画面下部にあるマイクのトグルスイッチの横に、背景効果を有効にするトグルスイッチが設置されている。

 「あらかじめ用意された画像の1つ、またはユーザーが独自に選択した画像を背景にすることもできる。独自の画像を使用するには、『新規追加』を選択し、コンピューターからアップロードする画像を選択する。.JPG、.PNG、または.BMPファイルである必要がある」(Microsoft)

 Microsoftは背景効果機能に関して、2つの注意事項を挙げている。まず、背景効果を使用したからといって、機密情報をほかの会議参加者から完全に隠せるとは限らない。そして、背景効果は、予定された会議でのみ使用できる。

 新型コロナウイルスの感染拡大以来、Microsoftは「Office 365」ユーザーがTeamsからZoomに乗り換えるのを防ぐため、さまざまな新機能の追加を急ピッチで進めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]