編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

AWS、堅牢・小型のエッジ端末「AWS Snowcone」を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-19 10:23

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間6月17日、「AWS Snowcone」の一般提供を発表した。同社のエッジコンピューティングおよびデータ転送デバイスの「Snow」ファミリーに加わる新製品となる。ユーザーはインターネット接続ができない環境でも、AWS Snowconeを使ってデータの収集と処理を行い、AWSに転送できる。

 このデバイスは、安定したネットワーク接続ができない過酷な環境や遠隔環境のほか、医療、運輸、物流、自動運転車など、ポータビリティーを必要とする使用事例向けに設計されている。

 AWS Snowconeは、サイズが9✕6✕3インチ(22.8✕15.2✕7.6cm)、重さ4.5ポンド(2.1kg)で、Snowファミリーでは最小の製品。Amazonによれば、ドローンとも併用できる。

 CPU2基、4GBのメモリー、8TBのストレージを搭載し、有線・無線ネットワーク接続が可能。USB-Cで電源を供給するほか、オプションでバッテリーも用意する。Amazonによると、EC2インスタンスを起動したり、「AWS IoT Greengrass」を動かしたりするのに、十分な計算能力を備えている。一旦データを保存した後は、デバイス自体をAWSに送付して、オフラインでデータを転送できるほか、「AWS DataSync」と接続してオンライン転送も行える。

 「2015年以来、顧客によるSnowballデバイスの利用が大幅に増加するとともに、より小型で携帯性に優れたデバイスへのニーズが高まっていた。IoTセンサーデータの分析や機械学習による推論など、拡大し続ける使用事例のために、エッジで稼働するアプリケーションが増えている。AWS Snowconeを使えば、スペースが限られた過酷な環境で、データの収集、保存、前処理を容易に行い、より集中的な処理のためにAWSに転送できる」と、AWSのストレージ/自動化/マネージドサービス担当バイスプレジデントのBill Vass氏は説明した。

 データ処理がクラウドからデバイスへと移行する中、クラウドプロバイダーにとってエッジコンピューティング機能がますます重要なセールスポイントになっている。AWSは過去数年間、この分野の製品を拡充しており、2019年12月には、エッジコンピューティングに5G(第5世代移動体システム)の恩恵をもたらすために、Verizonと提携した。また、同社は2016年に「AWS Snowball Edge」を導入し、さまざまな物理環境でローカル処理を行えるようにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]