編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

マイクロソフト、デジタル技能学習コンテンツを無料提供--コロナ失業者を就業支援

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-07-01 11:30

 Microsoftは米国時間6月30日、デジタルスキルのトレーニングを2020年末までに世界中の2500万人に提供する取り組みを発表した。その一環として、「LinkedIn Learning」「Microsoft Learn」「GitHub Learning Lab」で学習コンテンツを無料提供する。

Microsoftのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Microsoftでプレジデントを務めるBrad Smith氏はブログの投稿で次のように述べた。「世界はこの半年間、世界経済危機をもたらしたパンデミックを含め、さまざまな試練に耐えてきた。社会は活動を再開しつつあるが、7月の経済状況が1月と同じようなものにならないことは明白だ」

 米国では過去2カ月間で4200万人以上が失業したとされる。

 「経済の回復を安全かつ確実に進めるために欠かせない重要なステップの1つは、新しい仕事に就くために必要なデジタルスキルを学ぶ機会を拡大することだ」(Smith氏)

 この取り組みでは、需要がある仕事を見極めながら、無料のデジタルトレーニングや安価な能力認定プログラムを提供して、そうした職に就くのに必要なスキルの育成を支援していくという。

 同社はまた、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた人々を支援している世界中の非営利団体に対し、2000万ドル(約22億円)の資金を提供すると表明した。この資金の4分の1を、有色人種のコミュニティーが中心となって活動している米国の非営利団体に提供する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]