編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

NEC、「iStorage」シリーズで性能と災害対策を強化へ

ZDNet Japan Staff

2020-07-21 10:10

 NECは7月21日、クラウドおよび仮想化向けストレージ製品「iStorage M シリーズ」の新製品3機種とクラウドを利用した新しい遠隔バックアップサービスの提供を発表した。バックアップサービスは同日に開始し、新製品は8月27日から出荷する。

 iStorage M シリーズの新製品は、記憶装置がHDD/SSDハイブリッド構成の「iStorage M520」「iStorage M720」とオールフラッシュ構成の「iStorage M720F」の3機種になる。マルチコアCPUの採用や並列処理を最適化したファームウェアにより、M720Fでは性能が前機種に比べ約2.3倍に向上し、キャッシュ容量を192GBから1024GBへ大幅に増強している。

iStorage M720
iStorage M720

 また、災害対策として新たに「非同期順序保証運用」にも対応する。これは10Mbpsの低速回線において、約2000km先のリモートサイトにデータをバックアップするもの。更新履歴をバックグラウンド転送することでリモートサイトでのデータの整合性を担保しており、RPO(目標復旧時点)も従来の1日程度から数十分~数時間に大幅短縮できる。

 新しい遠隔バックアップサービスは、iStorageのバックアップ向けHSシリーズと連携し、最小容量1TB(月額3万円から)からRepliGrid機能を使ってAmazon Web Services(AWS)の環境にデータをバックアップできる。これまで同社のデータセンターにバックアップするサービスを提供しているが、新サービスでは3年間のTCO(総所有コスト)を約36%削減できるという。

遠隔バックアップサービス
遠隔バックアップサービス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]