編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NEC、「iStorage」シリーズで性能と災害対策を強化へ

ZDNet Japan Staff

2020-07-21 10:10

 NECは7月21日、クラウドおよび仮想化向けストレージ製品「iStorage M シリーズ」の新製品3機種とクラウドを利用した新しい遠隔バックアップサービスの提供を発表した。バックアップサービスは同日に開始し、新製品は8月27日から出荷する。

 iStorage M シリーズの新製品は、記憶装置がHDD/SSDハイブリッド構成の「iStorage M520」「iStorage M720」とオールフラッシュ構成の「iStorage M720F」の3機種になる。マルチコアCPUの採用や並列処理を最適化したファームウェアにより、M720Fでは性能が前機種に比べ約2.3倍に向上し、キャッシュ容量を192GBから1024GBへ大幅に増強している。

iStorage M720
iStorage M720

 また、災害対策として新たに「非同期順序保証運用」にも対応する。これは10Mbpsの低速回線において、約2000km先のリモートサイトにデータをバックアップするもの。更新履歴をバックグラウンド転送することでリモートサイトでのデータの整合性を担保しており、RPO(目標復旧時点)も従来の1日程度から数十分~数時間に大幅短縮できる。

 新しい遠隔バックアップサービスは、iStorageのバックアップ向けHSシリーズと連携し、最小容量1TB(月額3万円から)からRepliGrid機能を使ってAmazon Web Services(AWS)の環境にデータをバックアップできる。これまで同社のデータセンターにバックアップするサービスを提供しているが、新サービスでは3年間のTCO(総所有コスト)を約36%削減できるという。

遠隔バックアップサービス
遠隔バックアップサービス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]