「Microsoft Teams」、重要な情報を追跡する「リスト」アプリが一般提供に

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-07 11:57

 Microsoftは米国時間9月3日、人気のコラボレーション/ビデオ会議サービス「Microsoft Teams」で新しい「リスト」アプリの一般提供を開始したと発表した。

リストアプリ
提供:Microsoft

 これにより、Teamsを使用する「Microsoft 365」(すべての商用およびGovernment Community Cloud版)ユーザーがリストアプリを利用できるようになる。同社はこれを5月の「Build 2020」で発表していた。

 リストアプリは、Microsoft Teamsプラットフォーム上の情報を追うための「チームベースのタブアプリ」だという。これは、さまざまな業種でTeamsを活用できるようにするMicrosoftの取り組みを表すものであり、ヘルスケアや銀行、政府など、さまざまなコンプライアンス要件がある業種だけでなく、他の業種も対象としている。

 Microsoftは4月下旬、2020年度第3四半期の決算発表で、Teamsのデイリーアクティブユーザーが7500万人であることを明らかにしていた。

 リストは、スプレッドシート風の列と行のグリッドベースで表示され、整理や共同作業、カスタマイズをしやすくする工夫が加えられている。チームが取り組むべき重要な案件について、情報を常に把握できるようにする狙いだ。患者やローンなどさまざまな情報を、カスタマイズ可能なビュー、スマートルール、アラートによって追跡できるという。

 リストを作成するためのテンプレートも用意されている。作成したリストには、チャネルとして追加可能な「リスト」タブを通して、Teamsのモバイルアプリからアクセスできる。

 リストアプリには、主に以下の5つの機能がある。

  1. テンプレートや「Excel」のテーブルデータ、既存のリストから、または、一から新しいリストを作成する。8種類の標準テンプレートのほか、「患者」や「ローン」「インシデント」など、業界固有のテンプレートも3種類用意されている。
  2. 既存のチームリストを新しいタブとしてインポートする。
  3. 「SharePoint」サイトで利用できるさまざまな標準的リスト機能。列タイプ、ビューの書式設定、クイック編集、Excelへのエクスポート、並べ替え、フィルタリングなど。
  4. リストのアイテムについてチャネルで会話する機能。
  5. リスト上でのすべてのユーザーアクションは監査され、セキュリティ&コンプライアンスセンターの監査ログで利用できる。

 リストは、「Android」と「iOS」のTeamsアプリのほか、ウェブとデスクトップアプリでも利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]